いよいよ2019年も残すところあと1日となりました。

今年は年号が「令和」に変わり、天皇の即位、消費税の増税などたくさんの出来事がありましたね。

そんな1年の締めくくりに食べるものといえば、やっぱり「年越し蕎麦」ですよね。

そもそも何で1年の締めくくりにそばを食べるようになったのか?皆さんはご存知ですか?

日本人の文化として、ただ単に食べるという訳ではなく意味を理解して食べることによって今年の年越し蕎麦は一味違ってくるかもしれません。

今回はそんな年越し蕎麦の起源と由来についてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

年越し蕎麦の由来

年越しそば(としこしそば)とは、大晦日(12月31日)に縁起を担いで食べる蕎麦で、歳末の日本の風物詩ともなっている、日本の文化であり風習である。地域による特色があり、呼び方も晦日蕎麦、大年そば、つごもり蕎麦、運蕎麦、また、大晦日蕎麦、年取り蕎麦、年切り蕎麦、縁切り蕎麦、寿命蕎麦、福蕎麦、思案蕎麦と多くある。

年越し蕎麦とは、大晦日に縁起を担いで食べる蕎麦とありますよね。
じゃあ何で蕎麦なの?
蕎麦は長く伸ばして細く切って作りますよね。細く長くというところから「健康長寿」「家運長命」などの縁起をかついで食べるという説が一番有力な説です。
その他にも色んな説があり、昔そば粉で散らかった金粉集めていたということから「金を集める」「金運を呼ぶ」という金運上昇説やそばが切れやすいことから、前年の厄介な出来事を切るという意味で「縁切りそば」として食べるという説などがあります。

年越し蕎麦の起源

年越し蕎麦の起源にも色んな説があります。

日本に蕎麦が伝わったのは鎌倉時代とされていますが、現在私たちが食べている蕎麦になったのは室町時代だと言われています。しかし、その頃に年越し蕎麦という記述などは見つかっていません。

江戸時代に庶民に蕎麦が普及し始め、1814年の大阪繁花風土記には年越し蕎麦の記述があることから、遅くとも1814年には日本に定着したと言われています。

他にも、1756年の眉斧日録にも年越し蕎麦に触れた記述も残っています。

しかし、正確にはいつから大晦日に蕎麦が食べられ始めたのかはわかっていません。

年越し蕎麦を食べるタイミング

「年越し蕎麦」という名前ではありますが、年越し蕎麦には前年の厄介を切るという意味もあることから、新年をまたいで食べたり、新年になってから食べるのは縁起が悪いとされています。

その年の厄介を切るという意味で年越し蕎麦を食べるなら、新年になる前に年越し蕎麦は食べ終える方がいいでしょう。

実際に年越ししながら食べるのはあまりいいことではないようなので、みなさんも気をつけましょう。

しかし、大晦日であれば食べるタイミングはいつでも問題はないので特に時間帯などを気にする必要はありません。食べたいタイミングで食べるのが一番です!

地方で違う年越し蕎麦

年越し蕎麦は大きく分けて、関東地方と関西地方で分けられます。

関東地方
かつお節で出汁に濃口醤油で味付けをして、天ぷらを乗せる
関西地方
昆布で出汁を取り薄口醤油で味付けして、具材にはニシンの甘露煮。
年越し蕎麦は基本的には暖かい蕎麦を食べるのが一般的ですが、関東では冷たい盛り蕎麦を食べることもあるそうです。
他にも岩手県では、年越し蕎麦にわんこ蕎麦を食べる風習があったり、うどんで有名な香川県では蕎麦ではなく、年越しにうどんを食べる人も大勢いるそうです。
その他にも地方によって年越し蕎麦の特徴はバラバラです。
現在の年越し蕎麦に飽きてしまったという方は、違う地域の食べ方を真似して毎年違う食べ方をするのも面白いかもしれませんね。

最後に

現在では大晦日に食べるのが当たり前になっている、年越し蕎麦

日本の大切な文化として、もし外国人の方に「何で食べるの?」と聞かれてもしっかり答えれるようにしておきましょう!

そして、今年大変だった方は来年に厄介を持ち越さないように今年中にしっかり食べ終えて、厄を落として新しい気持ちで新年を迎えましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

それでは皆さんも良いお年を!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

スポンサーリンク
おすすめの記事