明けましておめでとうございます!だーおかです!

子供の頃はもらえて、大人になるとあげなきゃいけないものとは?

はい!「お年玉」ですよね!お手伝いをしなくても正月になると無条件でもらえるお年玉。子供たちには本当に嬉しい日本の文化ですよね!

でも大人になってお年玉をなんであげるのか?考えたことはありませんか?

今回はお年玉の歴史とその由来についてお話していきます。

スポンサーリンク

お年玉の歴史と由来

お年玉の文化の始まりは諸説ありますが、室町時代だと言われていて、庶民に普及し他のは江戸時代だと言われています。

正月元旦になると、各家庭に年神様幸福をもたらしにやってくると信じられていました。年神様は鏡餅に魂が宿ると考えられていて、その年神様を家にお迎えする為に置くのが門松です。

そして年神様が宿った鏡餅を割って食べることによって、年神様の力を頂くという風習がお年玉の始まりだと言われています。

「年神様の魂が宿った鏡餅」→「お年魂(おとしだま)」

が現在のお年玉の由来とされていて、”鏡餅を年長者が割り、それを子供達に分け与える”ことから現在の親や親戚などの大人から子供にお金をあげるという文化に変化しました。

なぜ餅からお金に変化したのか?

江戸時代になり、お年魂の文化が庶民に広まると、お餅だけではなく、金品や服や品物を贈ることも増えてきました。

さらに、元々の年長者が子供達など自分の家族や一族に渡すというものから、商人が奉公人にお金や品物を渡すという習慣へと変わり、これが目上の人間から下の人間にという習慣に変わったと言われています。

これが江戸時代から現在へと受け継がれ、1960年のバブル以降都心部を中心に完全にお金へと変わり、全国的に現在のお年玉の習慣になりました。

古くからあったお年玉の文化ですが、餅からお金へと完全に変わったのは以外にも1900年代に入ってからということで以外にも最近の習慣なんです。

お年玉のマナー

お年玉の金額は多ければいいというものではなく、年齢相応の相場というのがあります。

自分の子供に渡す場合は、小学生未満の子供には500円〜1000円。

小学校低学年には2000円〜3000円。

小学校高学年には3000円〜5000円。

中学生が5000円以上、高校生が1万円というのが相場です。

ちなみに、年々小学生のお年玉の平均額は下がっているようです。

最後に

いずれにせよ、お年玉というのは一番大切なのは金額などよりも渡す側の気持ちです。

お餅のままだったらよかったのにと思う方もいるかもしれませんが、今まで自分たちももらってきたものです。もらってきたことを子供達にもしっかりやってあげて、またこの文化をどんどん伝えていって欲しいですね。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

スポンサーリンク
おすすめの記事