こんにちは。だーおかです。

副業でやってはいけない職業として以前ご紹介した、Youtuberですが、今回はより詳しくYoutubeの正しい稼ぎ方とYoutubeの未来についてお話していきます。

まとめて読みたい

現在のYoutube

炎上、侮辱、扇動などのコンテンツの広告の非搭載

2019年6月に炎上目的、他者を侮辱する内容の動画に広告が搭載されることがなくなりました。

これは炎上する動画の内容が、多くの再生回数を稼ぐことができることから過激な内容の動画を投稿する悪質ユーザーが増え続けたことが原因です。

実際に炎上する内容の動画で広告された企業はその動画の内容から悪いイメージを持たれてしまうことになり、Youtubeから広告を撤退するといったこともあったそうで、それを防ぐためのYoutube側の処置としてこれは当然のことですね。

子供向け動画の規約変更

・子供もしくは子供のキャラクター。
・人気の子供向け番組やアニメ キャラクター。
・子供のおもちゃを使用したお芝居や物語。
・ごっこ遊びや創作遊びなど、子供が主役の一般的な遊び。
・子供向けの人気の歌、物語、詩。

これらを含む子供向け動画は、Youtubeに申告することが義務付けられました。

子ども向けとして設定した場合、パーソナライズド広告が表示されなくなり、コメント、チャンネル画像・ロゴの透かしといった機能が制限されることになりました。

パーソナライズド広告とは?
閲覧履歴を元に、ターゲットを設定した広告を表示すること。
視聴者に応じた広告が表示されるので、広告の効果が高い。

これにより、一部のチャンネルは大きく収益が下がることが考えられていて、今後子供向けのチャンネルの運営は難しくなるでしょう。

Youtubeの未来

Youtubeは稼げなくなる?

現在、有名Youtuberは億単位を稼ぎ出している人も多くいて、Youtuberが稼げる仕事と認識している人が多いと思います。

Youtubeの広告収入はだいたい1再生0.1円という風に言われていて、100万回再生される動画はそれだけで10万円の収入を生み出すことになりますね。

しかし、これは現在の広告収入単価であって、これがずっと続く保証はどこにもありません。

Youtuberは言わばYoutubeの下請け会社のようなもので、Youtubeのサジ加減でどう転ぶかはわからないんです。

元々、Youtubeは動画を投稿すれば誰でも収益が発生していましたが、Youtuberの増加に伴い
再生回数10000回以上
のチャンネルという収益化の条件を設定しましたが、それが現在では
現在のYoutubeの収益化の条件
・チャンネル登録者数1000人以上
・総再生時間4000時間以上(365日以内)
とさらに難しい条件に変わりました。
Youtubeという会社は今まで成長期で、YoutuberにYoutubeを宣伝してもらうことで、最大の動画投稿サイトへと成長し、その見返りとしてYoutuberに広告費用を払っていました。
しかし、超有名企業となった今、その広告費用を減らしたり、Youtube側にとって必要ないと判断したチャンネルが停止や削除されるといったことを今後も起こりうることでしょう。

Youtubeで稼ぐためには

今後Youtubeの広告収益の低下が予想されるなら、Youtubeをやるべきではないのか?

答えはノーです。

Youtubeは今や最大の広告宣伝コンテンツといってもいいでしょう。そのコンテンツを使わないのは勿体ない!

要はYoutubeの広告収益に頼らない、別の収益の流れを作ればいいんです。

自分の知識やスキルの販売

例えば、動画編集が得意な人は、自分のチャンネルで自分の動画編集の知識やスキルをアピールして、

知識やスキルを無形商材として販売したり、実際に自分で動画編集の仕事をフリーランスで受け持つことも可能です。

この収益の流れは、Youtubeの広告収入には依存せず、Youtubeを宣伝の媒体として使っているので、Youtubeの広告単価が仮に減少しても、自分の収入に対してダメージは受けません。

自分は人に売れるほどの知識やスキルを持ってないから…
本当にそうでしょうか?皆さんには趣味はありませんか?
趣味でやっているものへの知識やスキルというのは他人から見ればお金で買ってでも欲しい情報だったりします。
例えば、ゴルフがそれなりにできる人は、ゴルフ初心者に向けて、自分のスキルや知識を販売すれば、初心者の人は購入しやすいんです。
初心者がいきなり、プロゴルファーに教えてもらうのはレベルが違いすぎて躊躇してしまいがちです。
さらに、初心者はコースに出てスコアをよくする方法よりも、まずはまっすぐ打てる方法などのスキルを求めています。
レベルによって購入者というのは求めるものが違ってくるので、自分のもつ知識やスキルがプロ並のものでなくても、必ず需要があるんです。
そしてこの収入の流れを作ることができれば、Youtubeの収益化の条件を満たす必要もありません。なのでチャンネル登録者が1000人以下で総再生数が4000時間未満でも、Youtubeで稼ぐことを可能なのです。

まとめ

今後Youtubeへの参入者はかなり多くなるでしょう。それに比例して、Youtubeの広告単価は確実に下がります。

Youtubeが規約を変更するたびに、自分のチャンネルは大丈夫なのか?と心配になるのはとても疲れます。

ですので、Youtubeの広告収入に依存しないチャンネルの運営をしましょう。

Youtubeは一つの広告コンテンツであり、Youtubeで稼ぎたいからといって方法は広告収入だけではありません。

これからYoutubeを始める方はそのチャンネルがどういう流れで収益を生み出すのか?をしっかり考えて戦略を立ててから始めることをオススメします。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

スポンサーリンク
おすすめの記事